名 称 公益社団法人京都保健会 上京診療所
住 所 〒602-8305  京都市上京区千本通寺之内下ル花車町482-2
電 話 075-432-1261  075-417-4713 在宅医療窓口 FAX 075-451-9236
     
 1Fフロア    
 
   


     
 
     
 2Fフロア    
 
     
 医療設備    
  CT(東芝メディカルシステムズ社製 Alexion)  
CTとはコンピュータ断層撮影の略で放射線を用いて輪切りの撮影を行います。上京診療所では16列マルチスライスCTを導入しています。検査時間が短く、騒音や閉塞感が少なく、きれいな画像が得られる機器となっています。3D化への画像処理なども可能になっています。肺疾患や消化器疾患、脳出血等が特異な分野です。造影剤を使用することにより詳しい診断も行っています。
     
  透視台(東芝メディカルシステムズ社製)  
透視検査はX線を利用して靱帯を透視することにより、体内の様子をモニター上の画像でリアルタイムに見ることの出来る検査です。胃や大腸など、単純X線では写らない臓器には造影剤を使用してより詳しく診断を行います。消化管検査(胃透視・注腸)、脱臼や骨折の整復で使用しています。
     
  X線一般撮影システム(東芝メディカルシステムズ社製)  
一般撮影はレントゲン撮影とも呼ばれており、X線を利用して骨や組織、器官等の構造を画像化する検査で、簡便かつ迅速に画像が提供できるので病気の初期診断において欠かす事の出来ない検査です。
    また、放射線を使用していますが一般撮影での放射線量は極微量であり、医師の判断で適切に使用されます。心配せずに検査を受けて下さい。
   

1.胸部撮影   肺炎・肺ガン・胸水・気胸・結核・心肥大など、多くの胸部病変の診断に用います。
2.腹部撮影   胆石・尿管結石・腸閉塞や腹水・腹腔内の様子を診断するのに用います。
3.骨・軟部   骨・関節や死亡組織の状態を診断するのに用います。骨折部位や病変の形状を知るため多方向から撮影を行います。

   

    リハビリテーション
 
能動型自動間欠牽引装置(ミナト医科学株式会社製)

     
  マイクロ波治療器(OG技研社製)
     
    低周波治療器(ミナト医科学株式会社製)
     
  超音波